お風呂の栓が壊れました。
バスタブの端にボタンがついて、押して開け閉めするタイプ。

いくら押しても栓が完全に閉まらず、お湯が抜けてしまう状態。
ネットで調べると、結構壊れる箇所らしい。
またDIYで直すのも困難と判明。
10年程度で壊れるのなら、いっそのこと単純なチェーンの栓にしてやろう!

<やった作業>
1.ボタンと栓を強引に外す。
2.中のワイヤーを切ってしまう。
3.チェーンの栓を付ける。
4.完成!

では詳しく説明します。

↓ お風呂の栓のボタンはこんなやつ。確かに便利だけど、壊れると非常に困る。停電したら流せない自動流水トイレとかもそう。便利さよりも壊れたら決定的に困るものはいらない。単純でいい!

名称未設定-1



↓ まずお風呂のパネルを外します。工具はいりません、簡単に外せます。

IMG_20171226_221530

↓下に手をいれて上に持ち上げたら、外れました。メーカーによって違うかもしれないけど、大抵外れるそうです。

IMG_20171226_221617

↓ こんな感じ。

IMG_20171226_065516

↓ お風呂の栓とボタンをつないでいるホースをぶった切ります。中に1-2㎜程のワイヤーが入ってます。ニッパーーやペンチなど使って中のワイヤーごとぶった切ります。下の写真だと透明なホース。別のホースを切らないよう気を付けて!
手が入らず、根本から切れないので途中で切断。ホースは切りっぱなしで中に放置。

IMG_20171226_065548


↓ ホース(中にワイヤー)をぶった切ったら、お風呂の栓とボタンを外します。

ボタンは、お風呂の上からボタンをつかんで回せればよいのだけど、ぺったんこなボタンなのでなかなかつかめません。ボタンの裏側に手をつっこんで、部品をつかんで回して外しました。

お風呂のボタンの裏側にはこんな部品。元々は中にワイヤーが通っています。

IMG_20171227_012414


↓ ぶった切った後のホース。ホースの中にワイヤー。中のワイヤーは引き抜いて捨てました。
IMG_20171227_012410


↓ ホースとワイヤーをぶった切ったら、栓やボタンは引き抜けます。下の画像のような状態になるはずです。
IMG_20171226_065607


↓ ボタンのところに空いてしまった穴は、栓で取り除いたフタをボンド接着しました。
IMG_20171226_065554


あとはフタを付ければ完成。
このフタに要注意、ミリ単位でサイズを測ってから買いましょう。





お風呂用栓


 お風呂用チェーン