ikea
 
IKEAの本棚、BILLY/ビリーを買って1年が経ちました。

安くてお洒落な本棚で気に入っていたものの、そこはやはり合板、強度不足でした。
びっしり並べた本の重さに耐え切れず、しだいにたわみがでてきたのです。
背面のベニヤ板も、まるくなって外れてしまい、奥から本が落ちてしまいます。

繋ぎ目にも隙間ができてしまい、たわみだらけ。
ただの安っぽい本棚と化してもはやお洒落感ゼロ。
なんだか危なっかしい本棚になってしまいました。

たった1年でこれでは、先行き不安。

ずっと長く使いたいので補強することにしました。
 一旦、BILLY/ビリーから本を全部だして、
曲がりそうな部分に木材や金具をあてて強化していく作業です。
 
【用意したもの】※すべてホームセンターで売ってます。

・木ねじ 
・直角金具  
・安い木材 

かかった費用総額、数百円。 

さー、BILLYの補強、レッツゴー!

↓一番肝心な補強箇所は背面です。ここを板材2本で補強するだけで強度が格段に上がります。

たくさん本をいれると、1年後に高確率で壊れる箇所です。
最低限、これだけでもやっておくことを、強くお勧めします!


どんどん広がって、やがて背面板が外れますので、それを阻止します。
直角金具x2個と、幅の長さにカットした木材で、こんな感じに補強しました。

木材は、よくホームセンターにあるSPF材(最安の木材)で十分です。
1本180cmで、200円以内で買えます。
カットはあらかじめBILLY背面部の長さを測っていき、ホームセンターでカットしてもらいます。
※1カット30円-50円位でやってくれます。

ポイントは、写真の「くの字」の金具です。
棚受用ブラケット金具というそうです。
「T字」金具ではダメ。合板の縦方向にネジがはいらず強度が確保できません。

こんなのです。↓ 厚さ2-3㎜、80x80㎜位あれば安心に補強できます。 多少見栄えがわるくなるは、わかりますが、しっかりした金具を。

Amazonにも売っていますが、結構高い!近所のホームセンターで買ったら1個120円でした。それでもAmazonで買う場合はこちら。↓
DealMux 80mmx80mmx3mmのL形のシェルフブラケットサポートの角度ブレースクリニーク 



たったこれだけで、木のたわみによる本棚としてののバランスが崩れるのを防ぎ、強度がまるで違うのが実感できます。

YYs-画像 139

金具は白いのも売ってたのですが、1個だけで400円程したので、
けちって120円の安い方をチョイス。後で白く塗りました。

YYs-画像 140

これでもう横幅は広がりません。ゆえに背面の板も外れません。
背面の板は上下2枚あるので、この補強も上下1つずつやらないとだめですよ。

ここまででも十分なのですが、さらに補強をするならば、
ここから下もぜひ。


 YYs-画像 145

かなり適当ですが、これだけで強度10倍といっても過言ではありません。
途端に「しっかりした本棚」へと変わりました。

 
YYs-画像 146

棚板も補強。棚板に付けるブラケット金具は、上で使うものより薄くて小さいものでも大丈夫。
こうすると段差の変更ができなくなりますが、まあ強度優先です。
木工ボンドを隙間にいれて、さらなる強化。

YYs-画像 144

非常に簡単かつ単純な補強ですが、強度は大幅にUP!
今は重たい本が満載ですが、びくともしない本棚になりました。

BILLYユーザーのみなさま、お試しあれ!