のニュース

旬なキーワードからピックアップ!

    1:2014/02/08(土) 04:00:48.92 ID:
    開会式が始まって約10分、天井から雪の結晶の形をしたオブジェが降下してきて、
    それが形を変えて徐々に五輪シンボルを形作る場面。右端の輪がうまく開かず、
    五輪ではなく「四輪」になってしまうハプニングがあった。
    ウラル山脈やバイカル湖などロシアのさまざまな地形の模型の間を、つり上げられた
    少女が漂っていく幻想的な場面の直後。観客が異変に気づいてざわつく中で、
    ステージは次の場面に移った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140208-00000011-jij-spo

    【【ソチ五輪】五つ目の輪、開かず】の続きを読む

    1:2014/02/08(土) 10:38:41.64 ID:
    2014年2月6日、日本と韓国の経済状況が好対照だ。
    昨年末、日本内閣府は2012年の1人当たり名目GDP(国内総生産)が前年比0.6%増の4万6537ドル
    (約480万円)だったと発表した。同数値は3年連続で最高を更新している。

    OECD(経済協力開発機構)加盟34カ国中では10位となり、
    前年の14位から順位を上げた。中国新聞網が伝えた。

    一方の韓国は振るわない。韓国・亜州経済によると、OECD加盟34カ国の2013年の株価上昇幅で、
    日本が首位だったのに対し、韓国はワースト4位の30位だった。OECD加盟国で株価がマイナスだったのは、韓国を含めてわずかに5カ国。
    韓国メディアは、「輸出は円安の影響を受け悪化。米国の量的緩和政策も投資の消極化を呼んだ」と分析している。

    また、台湾紙・聯合報は先日、日韓の製造業が「円安ウォン高」により明暗が分かれていると報じた。
    日韓は鋼材や自動車部品において競合するケースが多い。

    ウォン高により韓国の輸出業が大打撃を受けているのに対し、日本は円安を追い風に好調。
    サムスンをはじめとする輸出中心の韓国企業は、生産拠点を海外に移すなどの対策を迫られている。

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも、韓国最大の製鉄会社POSCOが先日、2013年の販売利益が18%減少したと発表したことを受け、
    「これは韓国の製造業の低迷を示している。一方、日本の輸出業はここ数年で最も良い業績を上げている」と指摘。この状況は2014年も続くとみている。
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82994

    【【円安・ウォン高】 悲鳴を上げる韓国経済】の続きを読む

    1:2014/02/08(土) 08:49:26.94 0 ID:
    偽ベートーベン妻の母「いつかバレる…」

    「現代のベートーベン」と称された作曲家佐村河内(さむらごうち)守氏(50)の妻の母が、「娘は早く離婚してほしい」と涙ながらに訴えた。
    同氏のゴーストライター問題を明かした桐朋学園大・新垣(にいがき)隆講師(43)の会見から一夜明けた7日、
    広島市内で日刊スポーツの取材に応じた。
    2人と16年間音信不通であることを告白し、同氏の自己中心的な結婚生活や、過去の「ウソつき」エピソードなども明かした。

    佐村河内氏の義母にあたる、妻の母が涙した。
    「早く離婚して、私が生きている間に広島に戻ってきてほしい。心配で死んでしまいそうじゃけん。
    いつ娘が帰ってきてもいいよう、畳の部屋を洋間にしたんです」。

    義母によると、妻は同氏より3歳年上。88年に結婚し、広島から横浜のワンルームマンションに転居した。
    その後同氏がアルバイトを転々としたり、ロックバンド活動をしているかたわら、妻は子ども服店で働き生計を担った。
    衝撃事実が明らかになったのは、結婚8年目にハワイ家族旅行に行った時だった。

    「娘に『正直に言って。守は結婚後の7年間でいくら稼いだの』と聞いたら、『20万円です』と。がくぜんとした。
    娘は過労で点滴を打ちながら働いていたこともあるのに、自分は毎日飲んで、遊びほうけて…」

    同氏への不信感は、昔から芽生えていた。妻には同氏と同じ年の弟がいた。
    妻と同団地に住んでいた同氏は高校生時代
    「○○君(妻の弟の名)の友達です。××さん(妻の名)いらっしゃいますか」と突然妻の家を訪ねてきた。
    後に弟に同氏について尋ねると「そんなやつ知らない」と答えたという。うそをつき妻に接近した可能性があった。

    同氏は結婚直後の88年ごろ、一時芸能プロに所属していたこともあったという。
    「当時『広島から来た第2の矢沢永吉』みたいに報じられていた。でも通勤途中に自分の不注意でジーパンが破れたら、
    会社にお金と代わりのジーパンを請求していたみたい。やはりあの子はおかしいと思った」。

    同氏が書き、新垣氏に提示していたという18万枚のヒット曲「交響曲1番 HIROSHIMA」の「指示書」についても
    「テレビで紙を見てびっくりした。あれは娘の字です」と妻が書いたものと主張した。

    娘である妻とは、16年前に親族の葬式で会ったきり連絡がとれない。連絡先も分からない。
    「15年前、知人から『彼は今、耳が聞こえない』と聞いた時、またうそをつき人をだまそうとしているんだと直感した。
    守の家にはピアノはなかったし曲を作れる子でもなかった。違う人が作っていると確信していた。いつかバレると思っていた。
    新垣さんには感謝しています。勇気のいることだったと思う。会ってお礼を言いたい」。

    母は再度、涙にくれた。「娘も詐欺罪になってしまうのでしょうか…。守は『自殺する』って言っているらしいけど、
    娘まで巻き込まないでほしい。帰ってきてほしい…」。

    [2014年2月8日7時12分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140208-1254647.html

    【佐村河内守の妻の母、大ヒット曲『交響曲1番HIROSHIMA』の指示書について「あれは娘の字です」】の続きを読む

    111111111111111:2014/02/08(土) 10:37:00.02 ID:
    東京都足立区に住む韓国籍の50代の女が韓国人クラブを実質的に経営して1億円超の売り上げがありながら、 無職を装って生活保護費数百万円を不正受給していた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。

    警視庁組織犯罪対策1課は7日夜、詐欺容疑で女と日本人の夫を逮捕した。
    夫妻は別居を続けており、組対1課は生活保護費を受給するための偽装結婚だった可能性もあるとみて実態解明を進める。

    捜査関係者によると、夫妻は数年前、足立区役所で無職と偽って生活保護費を申請。
    女が約3年前に同区内で韓国人クラブを開業した後も毎月十数万円、総額数百万円の生活保護費を不正受給していた疑いがもたれている。
    申請時に入金がない預金通帳のほか、夫に持病があるとの診断書を提出、夫の介護のために女も働けないと説明していた。

    クラブの名義上の経営者は知人男性だったが、組対1課は女が売上金やホステスを管理するなど実質的に経営していると判断。
    売り上げは約3年間で総額1億円超に上るとみられる。女は同区内のマンションで暮らし、高級車で通勤する姿が確認されている。

    夫にも廃品回収などで数百万円の年収があった。組対1課は生活保護費を夫妻で分配していたとみて資金の流れを調べている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8516721/

    【1億円収入も「無職」 生活保護費数百万円を不正受給在日韓国人の女と夫を逮捕】の続きを読む

    1:2011/02/15(火) 14:21:37 ID:
    中国が国内総生産(GDP)の規模で日本を追い抜いたことを受け、「日本から中国への政府開発援助(ODA)は不要だ」との声が政府内外で高まりそうだ。
    ただ、日中関係を重視する外務省は「中国の環境対策や両国の交流が進めば日本の国益にかなう」と主張し、当面は対中ODAを継続したい方針だ。 
    (桐山純平)
    日本の中国支援は一九七九年の大平正芳元首相の訪中を機に始まった。二〇〇九年度までの援助総額は約三兆六千四百十二億円。
    このうち約九割は途上国に低利、長期の資金を貸し付ける円借款の形で行われ、中国は資金を鉄道や発電所などの建設に充ててきた。

    日本政府は中国援助の大部分を占めた円借款については、中国経済の発展の象徴となった〇八年の北京オリンピック開催を境に打ち切った。
    その結果、ピーク時の二〇〇〇年度に二千二百七十四億円だった中国向けのODAは、〇九年度には約四十六億円まで減った。

    ただ、外務省はODAの配分を決める尺度として「国民一人当たりのGDP」を重視。中国はこの金額が少ないため「途上国」として扱い、
    当面は援助を続けたい考えだ。外務省はODAには中国からの留学生の受け入れに伴う経費も含まれることも指摘。
    日本に影響を及ぼしかねない環境問題や感染症対策での中国への技術支援も「必要だ」と強調する。

    他の先進国が、中国への経済支援を増やしつつあるのも日本が援助をやめられない理由。ドイツやフランスなどは、
    むしろ中国向けのODAを増やしており、援助額は日本を抜いたとみられる。独仏両国には、中国経済とのつながりを強めたいとの思惑もあるようだ。

    日本のODA予算自体は二〇一一年度予算案で前年度比7・4%減の五千七百二十七億円。厳しい財政状況を受けて十二年連続で減っている。

    減り続ける予算の中で行政刷新会議の事業仕分けはODA予算に関し「案件選定の透明化」の判定を下した。
    政府内からも「もう途上国でない中国に支援はいらない、との声もある。だから援助理由をもっと明確にしたほうがいい」(財務省幹部)との指摘も出ている。

    ソース 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011021502000035.html
    過去スレ ★1 2011/02/15(火) 08:59:41
    http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1297727981/

    【【政治】外務省は中国へのODAを継続したい方針】の続きを読む

    このページのトップヘ