のニュース

旬なキーワードからピックアップ!

    1:2014/04/05(土) 18:04:26.93 0 ID:
    4日午後2時頃、北海道せたな町大成区太田の山林で、 山菜採りをしていた苫小牧市の会社員女性(45)が後ろからヒグマに襲われた。 女性は肩や腕をかまれて重傷を負い、病院に運ばれたが、命に別条はないという。

    せたな署によると、女性は知人(63)と2人でギョウジャニンニクを取るために入山。 山菜採りを終え、知人の後ろを歩いて下山中、 林道から約1キロ・メートルの山中で襲われた。 ヒグマは体長約2メートルで、知人が枝払い用に持っていたナタでヒグマの顔をたたくと、山中に逃げた。

    山林に入る林道入り口には「クマ出没注意」の看板が設置されており、よく出没する地域。 せたな町では昨年4月、現場から約10キロの北檜山区新成の山林で、 1人で山菜採りをしていた女性(当時52歳)がヒグマに襲われて死亡した。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20140405-OYT1T50051.html

    【63歳女性、なたでヒグマの頭部を殴打】の続きを読む

    1:2014/04/08(火) 11:16:19.06 0 ID:
    橋下氏「愛人囲って」…船場の高級マンションに

    読売新聞 4月8日(火)0時27分配信
     橋下徹大阪市長は7日、同市内で開かれた大阪維新の会を支援する経済団体主催の会合で、規制緩和によって 同市のメインストリート・御堂筋沿いにある船場周辺に高級賃貸マンションを含む高層ビルが建設されることにふれ、 「(企業経営者は)愛人2、3人住まわせて新しい船場にしてほしい」と発言した。
    愛人を容認する趣旨にもとられかねず、女性からの反発も起きそうだ。 橋下氏は会合で約650人を前に「大阪の財界人は大阪で金を稼いで、 兵庫県の高級住宅地の)西宮、芦屋に住むというのはダメだ」と指摘。その上で「御堂筋に超高級レジデンス(居住棟)を つくるので、住んでほしい。愛人を囲う経営者も出てくる。そうすれば愛人専門の宝石店や高級ブティックができる」と 述べた。一方で「僕は決して自分の奥さんには言えませんけど」とも語った。
    最終更新:4月8日(火)8時11分

    読売新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00050005-yom-soci

    【橋下「愛人囲って住んで」市内建設の高級マンション街をアピール。愛人が女性とは言ってないけど女性からの反発も起きそうだ】の続きを読む

    1:2014/03/26(水) 02:46:09.14 0 ID:
    NHK一部のバラエティーに苦言 日刊スポーツ3月25日(火)19時1分

     NHKの2014年度予算案審議が始まった25日の衆院総務委員会で、同局が製作する 一部バラエティー番組の内容に対し、「NHKがわざわざ放送する意味があるのか」と、苦言 が寄せられる場面があった。

     質問した日本維新の会の中田宏衆院議員は、「NHKの番組が、ひとことで言うと低俗に なっていないか。何だこりゃという娯楽番組が、いくつも並んでいる」と指摘した上で、 「ケータイ大喜利」「コントの劇場」「七人のコント侍」の3番組をやり玉に挙げた。

     「何人かに聞いても、『NHKがやる番組じゃない』という答えをもらった。NHKは何のために 公共放送という意味を持ち、国民から受信料を徴収しているのかという自覚が疑われる。 あまりにも民放のまねをしすぎていないか」と主張。「私が低俗と勝手に決めつけられるもの ではないが、娯楽番組ひとつとっても、地域性や日本の文化をひもとき、それに若い人が関心 を持てる番組にしてほしい」などと、注文した。
    籾井勝人会長は「大変参考にさせていただき、今後のNHKの娯楽番組のあり方を、いろいろ 研究させていただきたい」と応じた。新藤義孝総務相は「さまざまな公衆の要望がある。NHKは よく聞いて、番組を編成してほしい」と答弁した。
    中田氏はまた、ソチパラリンピックに関し、競技の放送時間が少なく、1998年の長野大会以降、 各大会とも30時間前後で、ほとんど変わらないと指摘。籾井会長は「日本選手も活躍している。 もっと見直していかないといけない」と、再考する考えを示した。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0325/nsp_140325_3321888793.html

    【中田宏元横浜市長がNHKの一部バラエティー番組に苦言】の続きを読む

    1:2014/03/11(火) 03:55:41.45 0 ID:
    昨年夏に頻繁に起きたバカッター騒動。『Twitter』にアイスケースに入った写真や バイト先での珍行動を即ツイートし大炎上。数え切れないほど多発しており、一時バカッターブームとなったこともあった。

    そんな『Twitter』関連の炎上事件が久々に起きたようである。今回は観光バス会社に 内定が決まった女子高生の『Twitter』より発覚したもの。そこに投稿されていたのは、 貰ったラブレターを晒し「なにこいつ。車校でナンパとかきもいやろ。本人に届いて 欲しいので拡散希望」とツイートされていた。

    更には飲酒疑惑ともとれる場面も写真付きでツイートしているほか、自身の個人情報や学校までツイートしているセキュリティの甘さ。ネット住民はあまりの特定の容易さに 呆れるほどであった。
    また本日3月10日に観光バス会社の入社式が行われ、新人の4人が出席。明日から本格的な研修になるという。実はこの入社式の模様はNHKでも報道されており、動画で なっている。

    http://getnews.jp/archives/530523




    【「車校でナンパとかきもいやろ。本人に届いて欲しいので拡散希望」女子高生が貰ったラブレターをTwitterで晒す】の続きを読む

    1:2014/03/14(金) 09:25:20.11 0 ID:
    2011年、タレントの加藤茶さんが彩菜さんと結婚し、45才という年齢差が話題と
    なりましたよね。芸能界には他にも、高橋ジョージさんと三船美佳さん、
    石田純一さんと東尾理子さんなど、多くの年の差カップルが存在します。
    職業柄、見た目年齢が若いということもありますが、実際、私の周りでも、
    15才以上の年上の男性と、お付き合いしている20代女性は意外と多いもの。
    中には、「不倫」というケースもありますが、それでも惹かれてしまう年上男性の魅力は
    一体どこにあるのでしょうか?

    15才以上の年上男性と交際したことのある20代女性たちに話を聞いてみました。

    ■1.金銭的に余裕がある
    今どきの20代前半カップルの間では、デート代だけでなく、ホテル代を割り勘にすることも
    珍しくないとか。そんな昨今だからか、実に現実的な理由ですが、最も多かった回答でした。
    決して、ブランド物や高級マンションが欲しいからではなく、
    「男の俺がデート代を払うのは当たり前」という姿勢が嬉しいようです。

    ■2.お姫様扱いしてくれる
    自分より遥かに若い女性に対し、甘くなってしまうのは当然なのですが、
    「女の子なんだから、こんな遅くに一人で帰っちゃダメだよ」
    「○○ちゃんは、本当に可愛いなぁ」など、サラっと言われるのは嬉しいもの。
    とくに同年代の男性から女の子扱いしてもらえなくなった女性にはたまらないようです。

    また、いままでの女性経験からか、はたまた、中年女性の姿を身近で見て諦めたためか、
    「女性はこうあるべき」「こうあって欲しい」という期待や願望を押し付けないのも
    気楽なのだとか。彼らにとっては、「若くて可愛い」それだけで十分満足なのかもしれませんね。

    ■3.程よく押しが強い
    「草食男子」と呼ばれる、恋愛に消極的な若者が増える中、年上男性は、肉食系のガツガツさを
    持ち合わせている貴重な存在。年上男性は、「デートに誘ったり告白したりするのは男の役目」
    という観念を持っているので、女性の方は受け身でいられてラクなようです。

    ■4.いいお店を知っている
    会社の接待や、いままで多くの女性と交際してきた経験から(?)、美味しいお店を
    たくさん知っているのが大人の男。知る人ぞ知る名店、ムードの良い個室、デザートが豊富な店や
    珍しいお酒が飲める店など、TPOと女性のリクエストに合わせた店選びができるのも
    魅力のひとつです。

    ■5.相手の快楽優先
    最後に忘れてはいけないのが、夜の営み。若い男性は、自分の快楽を優先したセックスを
    しがちですが、中年男性は、相手の悦びが優先。例えそれが、体力が追いつかないせいだとしても、
    じっくり時間をかけて愛してくれるのが嬉しいという女性は多かったです。

    ■おわりに
    他にも、少数意見として、「両親を介護する時期が被らない」「既に母親がいないので、
    嫁姑問題を心配しなくていい」などもありましたが、20代女性は、変に若作りした中年よりも、
    中年特有の魅力を持つオジサマに惹かれている様子。「同年代にいい男がいない!」と
    お嘆きの女性は、これを期に守備範囲を広げてみてはいかがでしょうか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/8627729/

    【若い男とは違う!15才以上年上の男性と付き合う醍醐味】の続きを読む

    このページのトップヘ