のニュース → 記事募集中!

いいたい事がある。でも自分のブログがない方。ご活用ください。

    食品館ロピアにいったら、茜霧島が売ってた。
    ワインのように甘い、超フルーティーな芋焼酎。
    1本2,399円。
    ちょっと高いけど友人にも分けよう、と3本購入。
    3本で7,197円也。

    ところが!!!

    IMG_20180123_143400_resized


    SEIYU市ヶ尾店に行ったら↓ 1,170円で売ってる!?(泣) 
    IMG_20180121_133905_resized_20180123_023435867

    霧島酒造のサイトを調べたら、茜霧島って定価1,175円じゃないですか。
    ロピアに電話で問い合わせをしたら、人気商品なのでプレミア価格とのこと。
    いくらなんでも2倍以上って。なんだかなあ。

    しかもめずらしいお酒だと思って買ったのに、Amazonで普通に売ってた。
    定価で。しかも送料無料で。
    いい勉強になりました。
    茜霧島そのものは最高です、今まで飲んだ中では一番甘くておいしい芋焼酎。


    72459霧島酒造の茜霧島

    お風呂の栓が壊れました。
    バスタブの端にボタンがついて、押して開け閉めするタイプ。

    いくら押しても栓が完全に閉まらず、お湯が抜けてしまう状態。
    ネットで調べると、結構壊れる箇所らしい。
    またDIYで直すのも困難と判明。
    10年程度で壊れるのなら、いっそのこと単純なチェーンの栓にしてやろう!

    <やった作業>
    1.ボタンと栓を強引に外す。
    2.中のワイヤーを切ってしまう。
    3.チェーンの栓を付ける。
    4.完成!

    では詳しく説明します。

    ↓ お風呂の栓のボタンはこんなやつ。壊れると非常に困る。便利さよりも壊れたら決定的に困るものはいらない。単純なチェーン栓でいい!
    このボタンは上からフチをがっちり掴んで回すと外れるのだけど、裏からの方が簡単かも。

    名称未設定-1


    ↓ まずお風呂のパネルを外します。工具はいりません、簡単に外せます。

    IMG_20171226_221530

    ↓下に手をいれて上に持ち上げたら、外れました。メーカーによって違うかもしれないけど、大抵外れるそうです。

    IMG_20171226_221617

    ↓ こんな感じ。

    IMG_20171226_065516

    ↓ お風呂の栓ボタンの裏側から、半透明なホースがでています。その半透明なホースの中には、1-2㎜のワイヤーが入っています。この半透明なホースとワイヤーをまとめて切断します。

    ニッパーやペンチを使って中のワイヤーごと切断。
    あとは、栓ボタンと、浴槽のフタ栓を撤去するのみ。

    ↓ホースは切りっぱなしで中に放置。

    IMG_20171226_065548


    ボタンは、お風呂の上からボタンをつかんで回せればよいのだけど、ぺったんこなボタンなのでなかなかつかめません。ボタンの裏側に手をつっこんで、部品をつかんで回して外しました。
    お風呂のボタンの裏側にはこんな部品。元々は中にワイヤーが通っています。

    IMG_20171227_012414


    ↓ ぶった切った後のホース。ホースの中にワイヤー。中のワイヤーは引き抜いて捨てました。
    IMG_20171227_012410


    ↓ 浴槽側の栓はそのまま掴んで引き抜けます。下の画像のような状態になります。
    IMG_20171226_065607


    ↓ ボタンのところに空いてしまった穴は、浴槽の栓で取り除いたフタをボンド接着。
    IMG_20171226_065554


    あとはフタを付ければ完成。
    このフタに要注意、ミリ単位でサイズを測ってから買いましょう。

    お風呂用栓


     お風呂用チェーン
      
    チェーン取り付けの浴槽の穴は、キリとプラスドライバで時間かけて開けました。

    バニラエアの車いすの一件では完全マニュアル対応の職員の酷さが広く知れ渡ったが、さらに問題なのは、あの後も何も改善されていないこと。以下車いすのニュース後、2017年8月某日の成田→沖縄便でたった1グループの中で起きた3件。
    ------------------------------------------------------------
    ・2歳1か月の子の搭乗拒否
    →チケット購入時は2歳(無料)だったが搭乗時に1か月過ぎている為に席が必要。でも空きシートがないとの理由で親子共に搭乗を拒否。結局その親子はツアーから離脱。※実際は空席が多数あったことも搭乗した同グループにより判明。

    ・障がい者手帳を持ち要介護認定の二人を要求に反しバラバラの席に指定
    →空席が多数あったにも関わらず、席を離されてしまった。

    ・キャスターの一遍が計測箱に接触し、追加8,000円請求
    キャスターのローラー一遍が引掛かった為、手荷物4,000円(往復8,000円)追加料金を命じられた。
    ------------------------------------------------------------

    もちろん規則なのかもしれないが、他のLCC航空会社なら間違いなく融通を効かせてくれるであろう場面だった。楽しみにしていた親子は飛行機に乗れず、他のメンバーも大変嫌な気持ちで搭乗した。なんのために人が仕事をするのだろう、と考えてしまった。

    ジェットスターに乗っての感想
    LCCに頻繁に搭乗するようになりました。ジェットスターについて思うことを書きます。

    1.ライバルのバニラエアーより融通が利く。

    バニラエアの車いす事件では、人間味のない完全マニュアル対応だった職員の酷さが広く知れ渡ってしまったが、さらに問題なのはあの事件後もまったく改善されていないこと。
    ジェットスターではこういったことが今まで一切ない。

    2.飛行中の機内が冷蔵庫並みに寒い。その事前告知がない。しかもレンタル毛布もない。

    まずは新千歳空港から成田便。その日は気温30度越えの真夏日で乗客の大半が半袖だったが、搭乗してしばらくすると周りで「寒くない??」の声が上がった。白い冷気が上からどんどん降りてくる。LCCならではのコストカットで毛布もドリンクも機内販売で買わないといけない。
    それでも国内便は1-2時間程度だからまだ我慢できる。

    酷かったのがマニラ→成田便。常夏の客は大半が半袖。長時間フライトの悲劇だった。離陸して暫くしたら皆クーラーのベントを閉めるが、それでもまだ寒い。僕のとなり席の乗客はついに座席で膝を抱えて、まるで雪国遭難者のように座っていた。僕は前回の反省からウインドブレカーを着込んでいたが、それでもまだ寒かった。事前に機内の寒さについて告知しておくべきかと。

    3.ジェットスターでカップスターキャンペーンなどどうか?

    あまりの寒さに機内メニューにあったカップヌードル(350円)を注文したところ、これが激ウマ。ただのカップヌードルがこんなにウマいなんて!!機内で食べるカップヌードルがこんなにウマいのは発見だ。気圧の関係かもしれない。特に極寒のジェットスター機内では最高にウマい。この寒い機内のデメリットも生かせる体験は集客のマーケティングに活用すべき。

    いっそのこと同じスター繋がりで、サッポロ一番の「カップスター」と提携してはどうか。イメージカラーもオレンジで一緒。ジェットスター限定カップスターを開発する。ナルトはジェッ太くんのキャラクター。スープもオリジナルで。フォトジェニックな機内専用カップスターを作り、「ジェットスターでカップスターキャンペーン」などやってほしい。あ!「ベビースター」でもアリだな。SNSで広まりそう。

    0582jetstar_logo_2


    4.座席は有料にしなくても、となり同士にしてくれた。

    ジェットスターは座席の指定も有料オプション。これをしないと二人で行っても席を離されてしまうよ、という文言があるが、十数フライト程経験した今のところ、無指定でも席を別々にされたことは一度もなし。混雑時やギリギリのチェックインだとダメかもね。








    <KAMEさんの記事>

    飼っている亀の片目が白く腫れてしまいました。
    体長5cm程の小さなクサガメです。腫れて膿んでしまっているような感じです。
    片目が見えない為かエサもうまくとれず、元気がありません。
    あれこれ調べて、最終的にこの状態から完治させました。
     同じような状況になった方の参考になれば、と記事を書きました。

    まずカメの状態ですがこんな感じです。 

    P1050154s

    目が開かない、というよりも白く膿んでます。
     これでは視界ゼロでしょう。全然元気がありません。

    P1050157s

     ※余談ですが、上の亀、ちょっと甲羅が反っています。
    →この甲羅のそりも治しましたので、あとで治し方を説明します。


     目が白いのはネットで調べてみると「ハーダー氏腺炎」という亀(爬虫類)の病気みたいです。クサガメでも、ミドリガメでも、小さいカメがよくかかるそうです。 原因は、ビタミンA不足、日光浴不足、水質悪化など。 そんな状況下で体調がよくないときに、目に細菌が入ってしまってこうなるようです。

    以下ネット情報で調べて実行したものの、全然だめ、効果なしでした。

    ・日光浴ができるよう、毎日30分程外に出しましょう!

    →忘れて干からびないように充分注意です。
     →夏など水が熱湯にならないよう注意です。

    ・水も汚れたら交換しましょう!

     →頻度にして1週間に1度くらい。

    ・レバや人参などのビタミンAも与えましょう!
    → 普通のエサだって食べないのに、そんなの絶対に口にしません。

    無理矢理口にいれても吐き出す始末、諦めました。
     こんな状態で1ヶ月過ぎました。
    まったく治る様子がなし、もうお手上げ。

    最後の手段。動物病院に連れていき、先生に話しを伺ってきました。

    ・・・・・

    原因はずばり。 飼育環境とエサ。
    汚れた水が、繊細な目にアンモニアや細菌をいれていること。
    飼育環境は写真のとおり、プラケースに砂利。 ろ過装置は入れていません。
    まずこれがダメだと指摘されました。

    ろか装置を入れていない場合、砂利をいれてはダメ!
    砂利が入っていると、水の汚れがわかりません。(そんなものが影響するのか?と疑問でしたが、素直に砂利を取ってみて、後に驚きの光景を目の当たりにします。)
    そこでプラケースと、陸地として備長炭を数本いれただけにしてみました。

     続いてエサです。

    エサは某ホームセンターで買った100円チョイのカメ専用を与えていましたが、これもダメ。 これを病院推奨のテトラ レプトミンに変更。(下の写真右) 先生によるとこのエサ、ドイツの生物博士により研究し尽くされて開発された、栄養バランスが最高のエサだそうです。 他のエサよりチョイ高いけど、断然おすすめだそうです。(まぁ、高いといっても300円程度ですがね。) この最良のエサ、ペットショップに必ず置いてあります。
    ※さらにパワーアップした亀用テトラレプトミンスーパーなんてのも発売されてました。値段チョイ高め。こっちの方が更にいいのかも。


    P1050162s

    そして病院で処方してもらった目薬、これを毎日点眼します。
    ※成分は硫酸ゲンタマイシン点眼液0.3%。亀用ではなく、人間用です。

    P1050161s

     上の薬、病院にいって処方してもらったのですが、成分をみると市販品で大丈夫だと思います。
    テトラ レプチゾル 50ml 。爬虫類の総合ビタミン補給剤。 ビタミンA、D3、C、B1、B2、B6、B12含有。 亀の水に混ぜるタイプなので、食欲なくてもこれなら大丈夫。 症状が初期の状態なら、これだけでも治ると思います。→Amazonのコメントにも、これで治った!との報告が多数載ってます。

       
    テトラ レプチゾル 50ml 

    砂利の撤去・水の毎日交換・栄養あるエサ。こんなシンプルな環境に!
    黒い棒は備長炭をいれてみました。

    P1050394s

     さて。

    砂利を取り除いて飼育し、初めてわかった事実があります。

    こんな子ガメ一匹なのに、わずか数日で信じられない程水が汚れるということ。もう茶色です!!

    これで一週間も日替えたかったら、病気になるのも無理はないなと納得。
    砂利を取り除いて、初めて気がついた事実です。
       
    水はカメの飲み水にもなります。
    基本毎日交換だそうです。 

    最初は気を使って浄水器の水など入れていましたが、 途中から水道水を一晩外に置いて、塩素飛ばしたものにしました。 だんだんそれも手間になって、やがて水道水そのままに。 でも隔日で交換してあげました。一日だけでも水は汚くなるのがわかります。

    そして、3週間後。

    目の白い膿みがポロっと取れました~!

    徐々に治るのではなく、ある日ポロっと取れます。 それと同時に、めちゃくちゃ元気になりました。 急に目が見えるようになったので、大喜びしているようす。このクサガメ、300円で買ってきたのですが、 動物病院に2回通院した治療費が、初診料も含めて6,300円。 はーっ、大出費。
    元を取る意味でも、この情報がだれかの役に立ちますように・・・(ToT)

    P1050384s

    <結論>

    ・水を隔日で変える。砂利は入れない。(もしくは、ろ過装置をつける)
    ・エサをテトラレプトミンに変更。ホームセンターの安いエサはNG。
    ・お金に余裕があれば、薬(
     テトラ レプチゾル 50ml)買って投入。

    これで直ります!!

    <後日談>反っていた甲羅も治りました。

    このクサガメ。

    冬の間は冬眠させているのですが、 冬眠から覚めた4月頃、やはり目の周りが白くなりかけました。 水を替えて、上記の栄養のあるエサをあげたら、すぐ治りました。目薬も使いましたが、結局水をキレイに保つのが一番重要なようです。

    反っていた甲羅も治った!!!

    一番上の画像みると、亀の甲羅が反っているのがわかると思います。この原因は、カルシウム不足で甲羅の成長よりも体脂肪が早くついて・・・ようするにメタボな状態だと。

    ・またエサをテトラレプトミン(安い方)に変えたこと
    ・与える量(回数)を減らして空腹気味にしておいたこと
    ・カルシウムとして、テトラ (Tetra) ガマルス も投入したこと

    この3つで、反っていた甲羅も治りました。テトラさんの餌類はすごい。

    このページのトップヘ